かつての葬儀といえば、家族や親戚のみならず、地域や会社の人たちを巻き込んでの大規模な儀式であり、故人を偲ぶ場としてはあまり適切とはいいがたい雰囲気があったというのも事実といえます。鎌ヶ谷市で最近の流れとしてみられる家族葬というものは、こうした大規模な葬儀とは一線を画したもので、家族や親戚、それから故人とごく親しかった友人だけが集まって、しめやかに故人を偲ぶというものになります。そのため、葬儀の本来の意味にかなったものであるといえますが、まだ葬儀のスタイルとしては比較的新しいものでもあるため、いくつか事前に気を使っておきたい部分もあります。実際に執り行うという場合には、こうしたアドバイスを参考にしながら進めると、よりスムーズになるといえます。

参列者の範囲についてはよく検討する

鎌ヶ谷市で家族葬をする場合には、まずはどの程度の範囲の人に通知を出すのかが問題となってきます。親戚や知人とはいっても、それが故人を主体とした範囲なのか、それとも喪主を主体とした範囲なのかによっても異なりますし、その範囲に応じて、実際の参列者の人数そのものも違ってきてしまいます。参列者の人数から考えて、物理的に自宅で執り行うのが困難ということになれば、葬儀会社の葬祭ホールで行うという選択をしなければなりません。また、葬祭ホールに関しても、実は小規模なレイアウトに適した部屋というものは限られていることがありますので、あらかじめそのスペースの広さや予約状況などをよく確認しておかなければなりません。その際には、祭壇までを含めたスペースになりますので、想像していたものよりも遥かに広い可能性もあります。

参加しなかった人への香典返しなどの準備

鎌ヶ谷市で家族葬を執り行う場合、式場への参列を呼びかける通知の範囲が限定されるというのはたしかですが、実際にはさまざまなルートを通じて、亡くなった人の会社での取引先、あるいは学校の同窓生などの関係者が把握して、あとから自宅を訪問してきたり、あるいは香典だけを誰かに託してくるといったことはあるものです。こうした場合、やはり礼状であったり、香典返しの品物を渡すのは基本的なマナーですが、あらかじめ準備していなかったために、その時になってあわててしまうといったことは多いものです。そのため、家族葬であるからといって、香典返しなどの通常の葬儀と同様の準備をまったくしないのではなく、かならず葬儀社に類似のケースを相談して、その対応をぬかりのないようにしておくことは必要といえるでしょう。

生花祭壇に関しましては今までの実例の写真を分かりやすいよう掲載させて頂いておりますので是非ご参考にして下さい。 当社は県内に10カ所の直営式場を運営している為、式場のフォロー体制も万全です。 お問合せ:0120-23-4444(無料) こちらから24時間365日緊急対応も行っております。 一級葬祭ディレクターが当社は県内最多の在籍を誇ります。 鎌ヶ谷市での家族葬をお考えならお気軽にお問合せください