家族葬を鎌ヶ谷市で行いたい人へのお役立ち情報

家族葬は、これまでの葬儀とは違って、家族や親しい友人などといった少人数での葬儀を執り行う場合には、もっとも適しているといえます。これまでの葬儀の場合、地域や会社、学校などといったところから、多くの参列者を招くことが常態化しており、あまりにも慌ただしいなかで終わってしまうといったデメリットがありました。しかし、もしも少人数であれば、亡くなった人のことを心から偲ぶという目的にふさわしい内容のものとすることができるというメリットが期待できます。鎌ヶ谷市で行う場合には、プランとしてあらかじめ準備している葬儀社なども比較的多くみられますので、選択肢に困ることはないはずです。そのなかでも、どのようなプランがあるのかなどを検討した上で依頼をするのがよいでしょう。

会場の選択は可能になっていることが多い

鎌ヶ谷市で家族葬をするとはいっても、どのような場所を会場にすればよいのか、とまどうこともあるはずです。基本的に、葬儀社のほうでも、自宅、公営の斎場、葬祭ホールといった、どこであっても可能というスタンスであることが多いため、選択は自由であるといえます。自宅の場合には、まずは祭壇を置くだけのスペースがあるのかどうか、出棺のための経路は確保できるのかといったところがポイントであり、マンションのような集合住宅ではきびしい場合もあります。公営の斎場は、直葬などの場合は便利ですが、部屋の大きさが少人数向けにはなっていない可能性があることは考慮したほうがよいでしょう。葬祭ホールに関しては、基本的には大人数、少人数のどちらでも対応できるか、または専門のホールになっていることがあり、安心であるというメリットはあります。

プランによる料金の差や支払い方法がある

鎌ヶ谷市で家族葬をするとはいっても、それぞれの葬儀社において、いくつかプランをもっていることがあり、そのなかでの選択によって、料金や内容がわかれます。料金と内容のどちらを重視するのかをあらかじめはっきりさせておけば、ふさわしいプランがみつかるはずです。もっとも簡単なのは直葬といって、最低限の葬送のための準備をするだけで火葬に付するというものであり、料金的にも安価です。そのほかは祭壇の大きさ、参列者の人数によってプランがわかれますが、たとえば通夜と告別式は別々にするのか、生花の本数や棺、骨壷のグレードをどのランクにするのか、などといったことによっても、微妙にプランがわかれることがあります。具体的に人気のあるプランを葬儀社のスタッフに聞いてから決めてもよいといえます。