鎌ヶ谷市での家族葬に関する疑問にお答えします

葬儀のあり方というものは、地域によってももちろんですが、時代による違いというものもあります。最近では核家族化が進んでおり、いわゆる大家族がみられなくなったことと、故郷を離れた場所にマイホームを購入して定住するようになった人が増えていることから、地域総出による昔ながらの葬儀とは違った、新しいタイプがあらわれはじめています。最近では話題にのぼるようになった家族葬というのも、こうした新しいタイプの葬儀のありかたのひとつであって、鎌ヶ谷市のように、新興住宅地が多い場所では、それなりに人気があるというものです。しかし、このようなタイプというものは、昔ながらの葬儀とどのように違うのかを理解する機会もあまりないものですので、いざとなって慌てるのではなく、事前に知識を深めておきたいところといえます。

葬儀の流れや次第は従来と大きな違いはない

鎌ヶ谷市での家族葬となった場合、大きくは自宅で行うもの、葬祭ホールで行うものとにわかれますが、基本的な流れや次第は、実は一般的な葬儀とは、それほど変わりがないものといえます。会場には棺と祭壇が置かれ、焼香をするようなスペースがあります。そのため、僧侶による読経があり、その間参列者は椅子にかけるなどして静粛にし、その後は順次焼香を行うというかたちです。参列者が香典を準備したり、黒い喪服を着用するというのも同じであるといえます。しかし、参列者が家族や親族、ごく親しかった友達などといった、限られた人たちになっているということは、やはり会社や地域の人たちも参列する一般的な葬儀とは異なるところです。また、場合によっては、亡くなった人の趣味や好みに応じて、いろいろなアレンジが加えられることがあるというのも、一般的な葬儀との違いです。

密葬に似ているが異なる点もある

鎌ヶ谷市における家族葬について、説明を聞いただけでは、昔からあるような密葬と、たいして変わりがないと考えることがあっても当然であるといえます。実際に、家族や親族が集まるということ自体は、密葬に近い部分があるといえます。ただし、密葬の場合は、家族や親族だけの内輪で葬儀をするものの、そのあとに社葬や本葬などといった、別のかたちでの葬儀が用意されていることが多いものです。家族葬の場合には、略式の葬儀ということではなく、基本的な内容そのものは昔ながらの葬儀とかわらないものの、一度すませればそれが最後ということになり、本葬として別に行うということはありません。また、家族や親族に加えて、親しい友人なども加えた、真に亡くなった人を偲ぶための場という意図が強いというところも、単なる儀式としての葬儀とは一線を画すといえます。