鎌ヶ谷市で家族葬を行う際の注意点

伝統的な葬儀であれば、家族はもとより、親戚、友人知人、そして地域の人たち、会社の人たちが一堂に会して、大々的に行うというのがふつうのあり方と捉えられていました。そのため、参列者への応対をはじめとして、家族の経済的、心理的な負担も大きく、慣れないままにいつのまにか一連の儀式が終わっていて、故人を偲ぶどころではなかったということも珍しくはありません。こうしたことを踏まえて、最近では家族や親戚、ごく親しかった友人程度の参列者だけで故人を見送る、家族葬というスタイルが人気となっており、特に鎌ヶ谷市のように、新興住宅街がならぶエリアでは、伝統にしがらみにとらわれないスタイルにも一定の理解があるということも幸いして、よく見られるようになってきています。

自宅とホールのどちらにするのかを検討

家族葬とはいっても、葬儀社が用意してくれた葬祭ホールを貸し切って執り行う場合と、自宅で執り行う場合の、両方が考えられます。まずは祭壇のレイアウトなどの詳細なプランの選択に移る前に、どちらを会場とするのがよいのかを、しっかりと検討しておきたいところといえます。自宅の場合には、やはり故人を偲ぶ場所としてももっとも愛着がわく適切な場所ということになりますが、鎌ヶ谷市のような住宅密集地では、参列者の駐車場の確保などといった、ごく初歩的な点で、それが難しくなってしまう場合があります。ホールであれば、もともと参列者が多数存在することを想定してつくられていますので、設備の面に関しては、やはり何をするのにも安心であるというメリットがあるということは確かです。

自宅の場合は経路とスペースを確認

もしも鎌ヶ谷市内の自宅で家族葬を執り行うのであれば、あらかじめ準備をすべきことがあります。まずは祭壇を置くスペースですが、いくら小規模であるかとはいっても、棺と祭壇をあわせた上で、しかも僧侶と参列者が座るために十分な広さがなければなりません。そのため、和室のふすま、間仕切りを撤去するなどといった、会場づくりのための労力は必要となります。また、祭壇そのものは組み立てができるため、逆にいえば搬入と搬出にはそれほど場所をとりませんが、出棺に際しての経路はしっかりと確保しておく必要があります。通常は何人かが担いで搬出するため、狭い廊下などを経路に指定するのは適当とはいえません。また、車両を近くまで寄せておくことも重要となるため、駐車用のスペースも確保することになります。